MLSに匹敵するデータベース立上げに挑戦(その4)

0
6

databaseこのサイトの一番下に書いてあるように、“THE BETTER INFORMATION YOU GIVE, THE FASTER YOU BUY &
SELL
”、つまり、「より詳細な情報を載せるほど、売買取引もそれだけ速く成立します」というのがこのサイトのキャッチフレーズです。
 

先に述べたように、バンコクの中古市場の動きは非常にスローで、売買成立に1年近くかかるということは、もし、それを3ヶ月とか半年に短縮できるサイトがあれば、売主は必ずここに自分で登録するようになるはずです。
 

このサイトの特徴は、自分の物件を売却したいオーナー自らに詳細な情報を出してもらうことで、ありもしない物件情報を載せようとする仲介業者の参入を防ぎ、生きた売り物件情報を維持すると同時に、その中から成約事例をキャッチし、物件ごとの直近売買事例から市場価格のインディケーション出すというのが狙いです。
 

そして、その信頼性により多くの購入希望者もアクセスするようになるというのが、彼のビジネスプランです。
 

現在、まだ約3、000ユニットほどのデータベースですが、これがもっと増えて万単位になれば、このサイトも自立できるようになるのではないかと思っています。
 

既に、このプロジェクトには、タイの携帯電話サービス大手のDTACが、ITビジネスという観点からその将来性に賛同し、補助金を出しています。
 

一方で、私が自著の本でも指摘したように、今、バンコク、ダウンタウンの中古市場はターニングポイントにきています。今まで新築ばかりが注目されていたのが、用地不足で供給が追いつかなくなってきたので、これから価格の割安な中古にも注目が集まるようになり、中古物件のキャップ・コンプレッションが始まろうとしています。
 

今、私がやっているようなバンコク不動産市場のマーケット・ウォッチャーから見ると、信頼できる物件情報データベースの登場は必然でもあり、大きなビジネスチャンスだと思います。
 

現在、彼の会社では、このポータルサイト事業に出資してくれる事業パートナー、広告主、事業提携企業等、サイト拡大に繋がるあらゆる機会を模索しているところです。
 

従って、日系企業でこれから成長するこの分野に参画してみたい、提携してビジネスを拡大したい、もしくは、電子広告を出してみたいというところがあれば、是非、私のところまでご連絡下さい。

ถ้าคุณรู้สึกสนุกช่วยกดนี้นะครับ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村  

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here