取りとめのない話です

0
73

Interchange 21

今日はタイ自由ランドという現地のフリーペーパーに連載しているコラムの締め切り日なので、それを書いていたら半日が終わってしまいました。

 

ちょっと疲れたので、今日のブログは柔らかい内容で書くことにします。

 

普段、バンコクのコンドミニアムに関する情報を集めるために、私は同僚のファラン達から今どんな引き合いがあるかとか、どんな物件の売買をしているかという話を聞いたり、ネットで最新情報を検索したりするのですが、基本的にタイ語か英語の情報源しかないので、外国語で情報収集することになります。

 

ただ、私にとって英語が第2外国語であれば、タイ語は第3外国語であり、タイ語で書いてある情報を読んでいくのは英語に比べて相当ストレスがあります。時にはさっぱり理解できない情報もあり、そうなるとお手上げで、もうそいういう時は、社内のタイ人の同僚で、最近までJALのフライトアテンダントをしていた女性に教えてもらいます。彼女は英語も日本語も堪能でこういう時、非常に助かります。

 

しかし、そうは言ってもやはりタイ語で書かれたものから情報収集するのは集中力が要るので、あまり気乗りがしない時は、理解が比較的容易な英語の情報に頼ってしまいます。

 

でも、情報量が変わらないのならそれでいいのですが、実際のところは違います。多くの場合、英語で出ている情報は、もともとタイ語で出ている情報をサマリー的に翻訳したものが多く、内容が浅いので読んでもあまり面白くありません。

 

そんな訳で、私はほぼ毎日、午前中はタイ語と悪戦苦闘しながらこのブログ記事の作成に費やします。この点、2人のタイ人を除き、他はみんな外国人であり、タイ語の読み書きが苦手なので、誰も口を出してきません。従って、私は自分の思っていることをストレートにコメントして書いていればいいので、ある意味、楽しい時間です。

 

また、英国にある親会社はそれなりに儲かっているので、インターチェンジ21というバンコクでも家賃が最も高いオフィスビルの一つに事務所を構えることができるし、社内の雰囲気もどことなくのんびりしたものです。ちなみにオフィスの窓からアソークの駅を見下ろしたら、上の写真のような感じになります。右手にターミナル21のショッピングモールが見えます。

 

従って、特に利益目標みたいなノルマもなく、私も投資アドバイザーという仕事を自分の判断に従って思う通りにすることができるので、商売のために面白くもない物件を推薦したり、嘘を言うようなことはしません。

 

だからと言って、私のアドバイスが正しいという保証はないので、マーケットの読み間違いというのも当然あります。従って、最後は自己責任、という原則を理解しておいてもらうようにしています。

 

とまあ、今日は、取りとめのないことを書きましたが、ではまた次回。


ถ้าคุณรู้สึกสนุก ช่วยกดนะครับ 

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ

にほんブログ村 

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ  

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here