キャピタル・フライト(その4)

0
135

Supalai Elite Phayataiスパライ・エリートは、昨年9月、ブログの中で要注目物件として紹介した物件ですが、パヤータイという土地は日本人にはあまり人気がありません。

私は個人的にはパヤータイとアーリーは投資としては買いだと思っていますが、日本人に賃貸するということを前提条件にするとちょっと難しいエリアです。

しかし、エアポートリンクの始発駅でスワナプーム空港に直結している唯一のCBDであることから、タイ人ビジネスマンに人気があります。また、名門チュラロンゴン大学の敷地までパヤータイ通りを直進すればそのまま敷地内に入って行けることから、富裕層の親が子どもをチュラロンゴン大に通わせるために、投資を兼ねて買ったり、賃借したりするという需要があり、タイ人投資家の間では数年前から穴場的な人気のロケーションです。

 

そこで、今回、現在のリセール価格を調べてみました。投資家は更なる値上りを待っているのか、まだほとんどリセールの売り物件が出てないのですが、大手仲介業者のCITISMARTから同じ61平米のユニットが2物件出ていました。

 

下層階のものが797万バーツで、上層階のものが916万バーツです。T氏のユニットは上層階でプリセールの購入価格は670万バーツですから、予約してわずか8ヶ月、竣工までにまだ3年近くもあるのに、既に100万から200万バーツ値上りしていることになります。

 

従って、今後タイ・バーツがどれだけ高くなったとしても、いざとなれば、竣工引き渡し前に転売して数百万バーツの利益を確定するというゲンガムライも可能で、もう為替リスクのことはほとんど心配しなくてもいいということです。

ただし、以前もブログで書きましたが、今はオーバーサプライ気味でもあり、昔のようにプレビルド物件ならどれでもこうなるというわけではありません。これほど値上がりするのは、せいぜい10プロジェクトに1つという確率だろうと思います。実際、現在、3つだけこれは買いというプレビルドのプロジェクトがありますが、それ以外は特に食指が動かないというのが私の実感です。

 

また、ゲンガムライで転売する場合、インカムファンドを中途解約せず、満期まで5年間持ち続けられるので、総額4割の配当を受け取った後に、元金償還をオフショア口座で受け取れば、当初の22百万円が最終的に30百万円以上に増加します。

 

以上、資金をオフショアに移動させ、税金のほとんどかからない状態で、世界中の数あるファンドからコンドミニアムのプレビルド投資に合ったファンドを選んで複合投資する、という手法の紹介をしました。

 

ただし、これには重要な注意事項があります。この租税回避地を使った取り組みができるのは、T氏のように海外在住の日本の非居住者である必要があります。弊社ホームページにも記してありますように、弊社は東南アジア在住の日本人の方を対象にオフショア投資をご紹介しているので、日本に居住されている方は対象になってないことをご了承下さい。

ถ้าคุณรู้สึกสนุก ช่วยกดนะครับ 

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村 

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ  

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here