エムクオーティエとスクムビット・ソイ43

0
143

Soi43

昨日の月曜日は宗教上の祝日だったのですが、タイは日本に比べて仏教の規律が厳格です。だから、スーパーでもレストランでもこういう日は酒類の販売が禁止になります。

私はそれをてっきり忘れていて、昨夜、ドイツ人の友人とプロンポンの大連飯店に行ってしまい、結局ビールなしで餃子を食べてきました。この店は焼餃子と水餃子がうまいのですが、やはりビールがないと、ちょっと味気ない夕食でした。

 

さて、話は変わりますが、彼はプロンポンに住む国際企業の駐在員です。最近オープンしたエムクオーティエという大きなショッピングモールがこの3連休、開店セレモニーみたいなことをやっていたのですが、彼の家はそこから徒歩数分のところにあります。

 

それで、彼はエムクオーティエにはちょくちょく行くらしいのですが、エムクオーティエより旧エンポリアムの方がスーパーもデパートも入っているので楽しい、というのが彼の意見です。一方、エムクオーティエは大きいだけで知らない専門店が多く馴染めない、ということらしいですが、男の場合、ドイツ人でも私と同じように思うようです。

 

私も隣のアソークに住んでいるので、これまでエムクオーティエには何回か行きましたが、プルンチットのセントラル・エンバシーよりはまし、という程度です。

また、私は四国の高松出身なので、地元では伝説のうどん店の1つとして知られている宮武うどんが出店したというので、期待して食べにいったのですが、ちょっとがっかりしました。そんなわけなので、紀伊国屋書店以外、私にはエムクオーティエはあまり用がなさそうです。

 

ところで、プロンポンという街は、白人だけでなく、日本人を含むアジア系外国人が多く住んでいます。そして、住宅情報サイトのThink
of Livingによれば、特にソイ43のコンドミニアムには、白人よりもアジア系エクスパットが多く住んでいるのだそうです。

また、日本人の場合、駐在員の奥様方が毎日この道を通って、日本人御用達の社交場でもあるエンポリアムにお茶をしに行くのだそうですが、Think
of Livingもよくまあそんなことまで知ってるなあと感心します。

 

一方、弊社のタイ人男性の同僚に言わせると、ソイ43なんてトップス・マーケット以外何もない、ただのつまらない静かなだけの道、なのだそうです。

でも、今回、エムクオーティエがオープンしてまた1つ日本人の社交場が増えたのかもしれません。何故なら洒落たレストランなどは圧倒的にエムクオーティ
の方が多いからです。


そう考えると、スクンビット・ソイ43は、タイ人にとってはただのつまらない静かなだけの道であっても、今後、日本人駐在員の間ではもっと人気が出てくるかもしれません。

この通りはタイ人にあまり人気がない分、コンドミニアムは割安です。従って、日本人に賃貸することを考えたら、ここの中古物件をチェックしてみる価値があるかも。

ถ้าคุณรู้สึกสนุก ช่วยกดนะครับ 

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村 

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ    

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here