バンコクには供給過剰の問題はない?

0
163

DDPAREAの直近のコメントによれば、バンコクの住宅マーケットは供給過剰の問題はないので政府のサポートも不要とのことです。

 

今年売り出された住宅戸数は107,821で戸数的には昨年より6%少ないが、金額的には24%増となった。これはバンコクとジャカルタだけに起こっている現象とのこと。

 

そして、今年半ばには178,641にも上った販売在庫はかなりのものであるが、それでもマーケットは吸収可能とのことで、現在の水準であれば在庫は16か月分であり、トムヤムクン危機の時の住宅市場全体に占める販売在庫の比率が5%であったのに比べると、今はまだ3.7%なので大丈夫なのだそうです。

 

更に、マストランジット・システム沿線住宅の売行きがよいこともその理由であり、既に114,959ユニットが竣工し、その内72%は居住用として使われていて、そのほとんどが自己居住用である。また、20百万バーツ(約70百万円)以上のラグジュアリー物件の需要も増加し、昨年の449ユニットから今年は既に2,166ユニットが売り出されている。

 

AREAの結論は、不動産マーケットはどちらかと言えば今もまだ健全であり、供給過剰の問題はないとのこと。従って、政府が介入してくる必要はないとの見方である。

 

以上ですが、ついこの前の8月には、AREAは供給過剰が顕在化する可能性があると警告していたのに、急にころっと一転、問題ないとか言い出されるとにわかには信じられませんが、少なくともここで上げている理由はあまり説得力がないように思えます。

 

住宅全体の販売在庫が16ヶ月はいい加減多いし、コンドミニアムだけに限ったらもっと多いので、多分コリアーズが指摘するように2年分位の在庫があるのだろうと思います。また、完成在庫の量をトムヤムクン危機で多くのプロジェクトが途中で止まってしまった最悪の場合と比べても仕方がないし、マストランジット沿線の竣工済プロジェクトの72%が居住中ということは逆算すると約33,000ユニットが完成在庫もしくはリセールということで、多分このほとんどがコンドミニアムだと思いますが、それで供給過剰の問題はないというのはちょっと理論的に無理がある話だと思いますが。

ถ้าคุณรู้สึกสนุกช่วยกดนี้นะครับ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村 


Oversupply not an issue for Bangkok property market

 

According to the Agency for Real Estate Affairs
(AREA), Bangkok does not face an oversupply problem and market outlook, while
sluggish, does not need a help from the government. The survey also noted that
while the total number of units launched in the region is down, the total value
of these projects actually rose in 2015.

 

Dr. Sopon Pornchokchai, AREA president, said the
estimated number of housing launched in the Bangkok Metropolitan Region this
year would be 107,821 units. This number is roughly six percent less than the
number of projects launched in 2014. However, he noted that the value of these
launches increased 24 percent year-on-year which resulted in a unique
phenomenon that only occurred in Bangkok and Jakarta.

 

As of the middle of 2015, there were 178,641 units
available for sale on the property market. Dr. Sopon believes this number to be
large but still manageable with the market mechanisms in place. The survey
revealed that with the current absorption rate in Bangkok, these units would be
sold within 16 months. The total new units available for sale makes up only 3.7
percent of the total housing stock compared to 5 percent during the crisis
period during 1997 to 1999, Dr. Sopon added.

 

High take-up for projects near mass transit lines is
another reason the report doesn’t believe oversupply is a problem. AREA
research found that 114,959 units have been complete near mass transportation
projects with 82,356 units, or 72 percent, already being occupied. A majority
of the residents in these units were owners.

 

The luxury housing segment where units priced over
THB20 million has seen demand grow and more launches are scheduled to take
place, according to Dr. Sopon. There were only 449 units with the value of
THB12.54 billion launched in this segment last year but 2,166 units in the
luxury segment have already been launched in 2015.

 

AREA research concluded that the property market is
healthy relatively speaking although there are some areas of concern but
oversupply isn’t one of them. Dr. Sopon said the government intervention in the
property market isn’t necessary at the moment.

  

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here