第3四半期、バンコクのコンドマーケットはダウン

0
285

down第3四半期、バンコクのコンドミニアムマーケットはダウンしました。

コリアーズ・インターナショナルのレポートによれば、第2四半期に比較して、第3四半期の新規売出プロジェクト数、販売率、平米単価とも減少し、特に新規プロジェクトの売出しは4割減と、各デベロッパーの見送り、先送り姿勢が鮮明になりました。

特に郊外の平米10万バーツ以下のメインクラスのマーケットはダメです。彼らのレポートでは、第3四半期に売出されたプロジェクトの何と8割が平米5万から10万バーツの低中価格帯の物件であったとのことですが、これは住宅ローンが借りられなくて引いてしまっている顧客層が中心のセグメントであり、それじゃあ売れなくても仕方ないだろうと思います。

要は、ダウンタウンでは土地が入手困難だから郊外の土地が手に入りやすいプロジェクトばかり立ち上げているというのが実体だろうと思います。
 

一方、現在もデベロッパーは完成在庫の処分販売に注力中で、各種の値引きのキャンペーンを行っているところです。

 

今のバンコクのコンドミニアムマーケットで最大の問題点だとコリアーズが指摘しているのは、デベロッパーがプロジェクトを竣工させても、購入者へ移転登記ができないという問題であり、今も住宅ローン却下が3割にも上り、しかもその大半が低中価格帯のプロジェクトで発生しているという状況の中、完成在庫が減らないままになっています。

 

ただし、コリアーズは、今回の政府による住宅購入推進策で住宅需要が盛り上がり、この完成済在庫の問題を緩和できる可能性もあると考えているようです。

 

しかし、今回の政府の住宅購入推進策はそれほどインパクトのあるものでもないように思うのですが、少なくとも12月現在の今、あまり効果は出てないとの報告が出ています。来年の第1四半期まで待ってみないと分りませんが。

 

いずれにせよ、我々日本人はこのクラスのコンドミニアムは避けるべきで、やはり、プレビルドで買うならバンコク都内の平米10万バーツ、できれば12万バーツを超えるアッパークラス以上の物件で、価格も5百万バーツ以上のものを買うべきだろうと思います。

 

このクラスは、住宅ローンの借入れにほとんど支障がないミドルクラス(中高所得層)が、将来実需で買いにくるセグメントであり、中進国の罠に嵌ってしまったタイ経済の低迷にもそれほど影響を受けない将来性のあるマーケットだからです。

ถ้าคุณรู้สึกสนุกช่วยกดนี้นะครับ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村 

Bangkok’s
condo market struggles in Q3 but hope is on the horizon

According
to recently released data from Colliers International Thailand, the condo
market in Thailand recorded a bit of a stumble in the third quarter with
several key performance areas trending downward. When compared with the second
quarter of this year, new launches, take-up rates and price per sqm. all
decreased in the most recent quarter.

Launches
were down significantly q-o-q with about 40 percent less taking place over the
past few months. Most developers were still unsure of the market situation and
decided to postpone the launching of new projects to the fourth quarter or
sometime in 2016, Colliers International Thailand reported.

Nearly
80 percent of those projects that were launched in the third quarter are in the
THB50,001 – 100,000 per sqm. price range. Colliers International Thailand also
noted that 38 percent of projects launched in the most recent quarter were from
developments along mass transits lines and they believe this is a trend that
will continue to grow. Many developers are currently search for plots of land
near existing and future mass transportation locations to take advantage of the
demand for these types of properties.

In
an attempt to attract new buyers, many developers revealed new marketing
campaigns to entice consumers. Free transfers and a waiving of mortgage fees
for all ready-to transfer units were just some of the ways they attempted to
drum up interest. A lot of these promotions continued into the fourth quarter
as well.

Colliers
International Thailand pointed out that one of the biggest problems that faced
developers in Bangkok during the third quarter was the inability to transfer
units to buyers. The bank rejection rate rose to 30 percent with a majority of
the loan rejections coming in the mid- to low-level segment of the market. This
made it impossible for many buyers to complete the transfer process.

There
is hope on the horizon. The real estate consultancy believes the recently
passed government stimulus measures will boost demand in the condominium and
housing markets as well as help all developers that have completed units in
their stock. It’s unknown if the benefits will be seen in the fourth quarter
but should certainly be noticed by the first quarter of next year.
 

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here