来年のコンドミニアム・マーケット予測

0
270

plusプラスプロパティが来年のバンコクコンドミニアム市場について、次のような予測をしています。

グレーターバンコク圏全体で見た場合、来年のコンドミニアム市場は成長が止まると予測される。理由としては世界経済の低迷でタイの輸出産業が影響を受け続けるからであるが、タイ政府の住宅購入刺激策による販売在庫の減少や、原油価格の下落と観光客の増加はプラス要因ではある。

 

そういった状況の中、景気の動向にあまり左右されないミドルクラスが買うアッパーエンドのコンドミニアム市場が最も成長が見込まれる。しかし一方、現在、住宅ローンが借りられないことで2百万バーツ以下の廉価物件の契約キャンセル率は2割と、アッパーエンド物件に比べて非常に高いことから、低中級セグメントのコンドミニアムは来年も売行きは悪いままである。

 

今の原油安、株式市場の低迷、預金金利低下の中、不動産だけが資産価値が上がっているということもあって確実な投資対象と見られているが、特にこれから最低4年位保有できる中期投資家にとってコンドミニアムは非常に魅力のある投資対象となっている。

 

また、供給過剰の問題については、銀行がプロジェクトローンの貸し出しに厳しくなっていることもあり、デベロッパーが新規供給を減らし、販売在庫の処分に注力していることからこれ以上大きな問題にならないと見ている。

 

ところで、需要に供給が追いつかないエリアとして来年注目すべきロケーションは、オンヌット、ラーマ9、チャトゥチャク、パヤータイ、ラーチャテウィ、そしてロワースクムビットと見ている。

 

また、来年開通するパープルライン沿線では、大量のコンドミニアムが竣工する中、マーケットがどうなるかが興味深い。

 

以上ですが、来年はタイ人のアッパー・ミドルクラスがマーケットの主役になるだろうと思うので、注目すべきロケーションについてはこういうところだけでなく、フワイクワーン、スティサーン、ラットプラーウなども入ると思います。

 

一方、東京でいう千葉、埼玉に相当するノンタブリ県のパープルラインやサムットプラカン県のグリーンラインの延伸線は、プライドの高いホワイトカラー・ミドルクラスがそれほど興味を示すとは思えません。彼らはバンコク都内に固執する傾向があるので、私は、少なくとも来年は新線沿線は敬遠しておいた方がいいと思います。

ถ้าคุณรู้สึกสนุกช่วยกดนี้นะครับ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村 

Prospects
for condo sector seem mixed

The condominium market in Greater Bangkok
will see flat growth next year, as there are not enough positive factors to
boost the mass market, says consultancy Plus Property Co.

Managing director Poomipak Julmanichoti said
negative factors would continue in the year to come including the weak global
economy, which will affect exports, Thailand’s main economic driver.

“But the government’s stimulus package
and new sales of housing stock are positive factors helping the property
sector,” he said yesterday.

“Lower oil prices and a recovery in
tourism are other major economic drivers.”

Mr Poomipak said the upper-end market would
be the most outstanding performer next year, as purchasers in this segment
had not been as badly affected by the economic slowdown as those in the middle
and low-end segments.

Currently, the return rate for condo units
priced less than 2 million baht is 20%, much higher than those of upper-end
products. The main reason is buyers are unable to receive mortgage approval
from financial institutions.

“This is the best time for those with
good credit to purchase property via a mortgage, as banks prefer them and
they’ll get a better bargaining price from sellers or developers,” Mr
Poomipak said.

Property investment is currently seen as a
sure thing amid falling prices of fuel, gold and stocks and lower deposit
interest rates. Given its growing value, property is attractive for a
medium-term investor who can hold it for at least four years.

Despite unfavourable property market
sentiment, there will be no oversupply since developers have been reined in by
financial institutions with stricter rules for project loans.

Major developers have also adjusted to the
declining purchasing power by slowing down new condo project launches, focusing
on unit transfers at new or nearly completed condo projects.

Mr Poomipak said eye-catching locations for
the condo market next year included the On Nut, Rama IX, Chatuchak, Phaya Thai,
Ratchathewi and lower-Sukhumvit areas, locations with strong demand and limited
supply.

Company research on condo demand among
consumers using the Dark and Light Green skytrain lines shows three-fourths of
those surveyed do not own any residential property.

“Another interesting location is along
the Purple Line, as that line will start running next year and many condos
along the route are being completed,” Mr Poomipak added.
 

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here