強気のサンシリ、弱気のL&H(その2)

0
211

LH一方、業界最大手の不動産会社であるL&H(Land & House)のプレス発表によると、バンコクの住宅需要の回復には悲観的で、今年は住宅以外の商業ビルの開発と海外での事業展開にシフトするとのこと。

 

ただし、そうは言っても、彼らが今年計画している新規の住宅プロジェクトは、合計14件もあり、その内5つがコンドミニアムプロジェクトですが。

 

尚、L&Hは約500億円の年間投資予算の半分を住宅の開発用地取得に、残りの半分を不動産賃貸事業に投資するとのことで、中でもアメリカでの不動産投資に注力するとのこと。

 

サンシリはバンコクの大地主であるスカイトレインのBTSとJVで組んでいることから、開発用地がたくさんあるということもあり、今年も強気で新しいプロジェクトを発表できるのでしょうが、それ以外に、彼らは海外でのマーケティングが非常に上手というのもあります。

 

特に、昨年から始まったザ・ラインは売行きが好調のようですが、ドルペッグのシンガポールや香港に持っていって売るわけです。従って、今のドル高バーツ安が続く限り、もうしばらくはこの外国人投資家の資金流入が続くのではないかと思います。

 

一方で、L&Hは海外の投資家を呼び込むのではなく、自ら海外不動産事業に進出して行くわけですが、ビジネスのリスク分散という点では、こちらの方が将来的には正しい選択かも知れません。

 

ただし、ここで注目しておくべきは、サンシリもL&Hもそのコメントの中で、1つ同じことを言っているところがあります。

 

「今年もミドルからアッパーエンドのセグメント、つまり、平米10万バーツ以上の住宅市場は引き続き成長する。しかし、低所得層がターゲットの廉価なプロジェクトのマーケットは低迷が続く」

 

来月、日本で出版予定の本の中で私は、「今後もし新規のプレビルドを買うつもりなら、少なくとも今年はパープルラインやグリーンラインの郊外新駅、つまり、サブアーバンの物件は避けた方がよい、むしろ、ダウンタウンの平米12万バーツ以上のハイクラス物件をターゲットにするのがベスト」と書いたところですが、彼らの言うことには全く同じ意見です。

ถ้าคุณรู้สึกสนุกช่วยกดนี้นะครับ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村 
 

Land & Houses shifts away from domestic housing projects

Thailand’s largest developer, Land & Houses, will focus on non-residential development and international investment projects instead of domestic housing developments due to weak demand. Despite this, the company will still launch some 14 residential projects in Thailand this year.

Managing director Adisorn Thananan-narapool said that L&H wants to double its total investment this year to THB14 billion. Of this total, THB7 billion will spent on new plots of land for housing developments. The Bangkok Post noted that the remaining budget will be used for acquisitions and development of company’s rental property business. “Investment in US rental apartments is attractive. Last year we gained a 50 percent profit from our first apartment. We sold it for USD18 million last year after buying it for only USD12 million in 2012,” Adisorn said.

L&H has also budgeted THB1.2 billion for the continued construction of a hotel on Thong Lor that will have 440 rooms. The developer will also spend THB800 million to continue development of its Terminal 21 branch in Pattaya. The company earned THB2.3 billion in revenue from its rental business in 2015 which was a THB2 billion increase from its 2014 returns.

Despite the company not being optimistic regarding Thailand’s residential property market, L&H is still planning to launch 14 residential projects worth a combined THB23.5 billion this year. There will be nine single house projects, three townhouse projects and five condominium developments launched by the company.

The property market this year will be flat again as the country’s economy still cannot rely on exports,” said president Naporn Sunthornchitcharoen. “The middle- to upper-end housing market will continue growing from last year as the economy is really hurting the lower-income segment.”

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here