スクムビット・ソイ38は本当に買いか?(その1)

0
153

soi38先日、ザ・ネイションに載った記事ですが、今年はトンローのソイ38の新規プロジェクトが脚光を浴びるというものです。

 

私も2ヶ月前に来年もスーパーラグジュアリー人気は続く?と題してトンローのソイ38が激戦区になりそうだと書きましたが、どうもそんな感じになりそうです。


デベロッパーのL&Hによれば、ソイ38で最低でも平米30万バーツ以上の新規プロジェクトを売出すとのこと。また、サンシリもフランスの建築家を起用した平米35万バーツ以上の新規プロジェクトを発表するそうです。

 

これまでは、ソイ38はトンロー通り(ソイ55)の反対側にあるので大して人気がなかったのですが、開発用地がなくなってきた現在、今後の新たな開発は偶数側に移行するしかないというのが、デベロッパーの実情だということです。

 

この記事によれば、トンロー通り沿いは既に多くのプロジェクトが建てられていて、混み合っているし、ソイ38の方がスクムビット通りやラーマ4へのアクセスがよい、BTSの駅に近い、EMディストリクトにも近い等の理由をあれこれ挙げて、ソイ38を持ち上げています。

 

でも、私にはこれはどうもデベのポジトークに思えます。何故なら、ソイ38にはトンロー通りの持つ、表参道や南青山のような華やかさがないからです。歴史的にタイ人が憧れてきたトンローはソイ38ではなくトンロー通りであり、投資として考えたらやはりトンロー通りがファーストチョイスだと思います。

常に新しい開発をしていかなければならないという宿命のデベロッパーにしてみたら、ソイ38に移るしかないという事情も分りますが、投資家という立場から見れば、そんなとこまで行ってしかも平米30万バーツ以上もする物件を買うのは???です。 

 

トンロー通りに比べてソイ38の方が価格がずっと安いというのならまだしも、こんなところで平米30万バーツもする物件を買ったら、家賃がまだ上がってきてないので、かなり先の将来価値を買うことになり、投資利回りが低くて採算が合わないのではないかとも思います。

 

従って、これはかなり投機的な買いだと思うし、ゲンガムライでマネーゲームをするのでもなければ、資金が許せば、トンローの中古を買え!(その2)で書いたように、私なら、自分のクライアントにはやはりトンロー通りの既存物件を勧めますね。

 

(次回に続く)

ถ้าคุณรู้สึกสนุกช่วยกดนี้นะครับ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村 




Sukhumvit Soi 38 popular for condos

AS THE THONGLOR area
becomes saturated with residential projects, nearby Sukhumvit Soi 38 is the new
choice for property firms to develop luxury condominiums as demand remains
strong in this part of Bangkok.

“We decided to launch our new luxury condominium, The Bangkok
Sukhumvit 38, with a starting price of more than Bt300,000 per square metre
when we saw strong demand in this location,” Land & Houses president
Naporn Soonthornchitcharoen said.

Sansiri president Srettha Thavisin also said his company would
launch a luxury condominium costing more than Bt350,000 per square metre on
Sukhumvit 38. The project will feature interiors by French designer Philippe
Starck. This will be Sansiri’s second condominium project employing an
internationally renowned interior designer.

Sukhumvit Soi 38 is opposite Sukhumvit Soi 55, which is well know
as Soi Thonglor. The location offers easy access by car to Sukhumvit and Rama
IV roads. Soi 38 also has lower density than Thonglor but with similar
facilities. These include the Thong Lo Skytrain Station and close proximity to
The Em District, featuring EmQuartier and The Emporium.

“Our home is in this location, and offers easy transport by
mass transit, and is also close to shopping areas, hospitals, primary schools,
secondary schools and universities,” said Joy, who has lived in Soi 38 for
more than five years. “This serves my family members’ lifestyles, while
Soi Sukhumvit 38 has lower density than Soi Thonglor. This makes living
convenient.”

According to a survey by The Nation, Sukhumvit Soi 38 has fewer
condominium projects than Soi Thonglor. Most have been launched since 2007,
when prices started at Bt110,000 per square metre. But the new condominiums
that will be launched this year will charge more than Bt300,000 per square
metre, 200 per cent higher than nine years ago.

 

Meanwhile, existing
condominiums on Sukhumvit 38 ask resale prices of more than Bt200,000 per
square metre.
 

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here