CBD要注目プロジェクトです(その1)

0
240

Noble BE19 Fact Sheet昨日、このモデルルームを見に行ってきましたが、久々にこれはいいプロジェクトだと思いました。

私の本の中でも、最近のプレビルドはかなり割高になってきているが、それでも10件に1つ位は、これはいいというのがある、と書きましたが、この物件はまさにそれです。

私は時々、Think of Livingのレビューを見ては、何か面白そうなプロジェクトはないかと捜すのですが、この物件はロケーションもよく、クオリティもファクトシートを見る限り優秀だったので、以前から気には留めていたのですが、いよいよ3月20日のプリセールも近づいてきたので見に行ってきたわけです。

参考までに、その評価サイトはここです。
http://thinkofliving.com/2016/03/01/noble-be19/

正直、私はトンロー駅前のノーブル・リミックスを見てから、この会社のコンドミニアムは好きではなかったのですが、最近のものはノーブルBE33といい、なかなかいいと思います。特にこの物件については、ロケーションとスペック、価格の総合バランスでの企画の勝利だと思います。

まずはロケーションですが、アソークの駅からターミナル21の前を通って、ソイ195分程歩いていくと敷地内に着きます。旗地ながらスクムビットとアソークモントリー通りの喧騒から程よく離れた閑静な場所にあり、CBDにありながら静かな住環境なので、駅からはちょっと離れているものの、長期で住むのであればこちらの方が住環境として価値が高いかもしれません。

wattana schoolただ、この物件は迷わず、北向きを買うべきです。借景ながらワッタナースクールの広大な緑が眼下に広がるので、都会の中心に居ながら贅沢なビューがあり、将来プレミアムが付くと思うからです。

スペックも天井高を3メートルにして、エアコンのファンコイルを天井裏に格納するリセス型にしているし、文字通りフロア・トゥ・シーリングのハイサッシ、そしてフローリングも安っぽいラミネート板でなく、高品質エンジニアリング・ウッド、駐車場付置率67%と、しっかりと基本を押さえていて、なかなかのものです。

ただ、Think of Livingの評価では、スーパーラグジュアリーに分類されていますが、ドアなどの部材やフィニッシュで凡庸なところもあるので、そこまでハイスペックとはいえないと思います。

そして、最後に価格ですが、まだ正確な価格は分りませんが、このファクトシートにあるように平均価格が平米18万バーツ台ということであれば、今のマーケット水準からすれば非常にリーズナブルだと思います。

それに、来年の2月着工で2020年の8月竣工予定と、これから4年以上の期間があるので、ゲンガムライで儲けるチャンスも十分あると思います。ただし、最悪のことを考えて、最後は買い取るだけの資金的な余裕がないとリスキーですが・・・。

販売開始当日に出てくるプリセール価格次第ですが、ひょっとすると即日完売もあるかもしれません。もっとも、南側の部屋は正面に別の建物があって眺望を遮っているので、ちょっと苦戦するかもしれませんが。

いずれにせよ、このプロジェクトは、特にずば抜けた魅力はないものの、先にも書いたようにロケーション、スペック、価格がバランスよく調和した優秀なCBDプロジェクトであり、私はいいと思います。従って、平米20万バーツで北向き高層階の部屋が買えるのであれば、買っておいて損はないプロジェクトだろうと思います。
 

ถ้าคุณรู้สึกสนุกช่วยกดนี้นะครับ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村  

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here