ラグジュアリー・コンドミニアム

0
294

High End英字紙The Nationsによれば、CBDでの高級コンドミニアムは、最近、平米30万バーツ(坪単価330万円)をつけるようになってきたようです。
 

写真は、左上からリッツ・カールトン・レジデンス、185ラチャダムリ・ロード、スコータイ・レジデンスの3つですが、いずれもサトーン等のCBDの一等地にあり、価格は平米30万から40万バーツです。
 

買主の半分近くが外国人で、土地の供給が限られているため、ラグジュアリー・コンドミニアムの供給は需要に追いつかない状態のようです。また、他の大手デベロッパーもこれから向こう3年は、ラグジュアリー・コンドミニアムに注力するようです。
 

具体的には、グランド・キャナル・ランドが今年、ラーマIX通りに、サンシリとQハウスが来年、ワイヤレス・ロードとナナ駅前に、それぞれ平米30万バーツの新規プロジェクトを売出す予定。
 

“CBDはこれからも値上りする”、というのはこういうことなのだと思います。
 

でも、自宅の購入でもないのに、ここまで高くなると、“値上りするのなら、投資でちょっと買っておくか”、と言える人はなかなかいないですよね。
 

Nearly half of their customers are foreign buyers.
 

“Despite the country’s slight economic growth this year, demand to buy luxury residences is still strong at a time when supply in the market is limited, and there is limited land available for the development of luxury condominiums in prime locations,”


These factors are why leading listed property firms are expanding their investment in the luxury-condominium segment this year and over the next three years.
 

They include Sansiri, which will introduce a fashion-style luxury condominium on Wireless Road next year with an offer price of more than Bt300,000 per square metre; Quality Houses, which plans to develop a luxury condo on Sukhumvit soi 6 next year that targets sales at a price of over Bt300,000 per square metre; and Grand Canal Land, which will launch a luxury condominium on Rama IX in the final quarter of this year.

ถ้าคุณรู้สึกสนุก ช่วยกดนะครับ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ
にほんブログ村

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here