バンコクの三菱地所と三井不動産

0
334

Japan JV今日の、9月26日付英字紙The Nationに載った記事です。

 

現在、バンコクでは三菱地所と三井不動産がタイのデベであるAP、アナンダとそれぞれ業務提携してマンションの開発を行っています。

 

来年発足するAECのリーダー的な国になると期待されているタイで、今後ビジネスチャンスが広がると見込んで、投資を拡大している、とのこと。

 

ここまで読んだ時点では、特にこれと言って目新しいニュースでもないから読み飛ばそうと思ったのですが、記事の後半で、ちょっと面白いことを言っているのに気が付きました。下の英文がその抜粋です。

 

ここで言っているグレーター・バンコクとはサブ・アーバンエリアを意味すると思いますが、

1.  BTSやMRTの新線開通により都市化が進む新駅周辺のコンドミニアム市場は、急成長が見込める。

 

2. 新線開通の結果、郊外から都心までの移動時間が短縮され、もっと多くの人が都心に通えるようになる。

 

3.  東京と同様、タイ人の家庭も核家族化しつつあり、コンドミニアムに住むというライフスタイルの変化が起こっている。

 

4.  タイ人の収入も増えていて、マイホームを買えるだけの資金力がついてきている。

 

以前、「怖いマーケット予測」で、今後はミッドタウンやサブ・アーバンで供給過剰が続き、価格はほとんど上がらない、とCBREが予測している、と伝えましたが、この日本を代表する2大デべロッパーはちょっと違う予測を立てているようにも思えます。

 

つまり、東京で高度成長時代に起こったことが、バンコクでも起こると予測しているように思えます。

 

電車が郊外にどんどん延びていった時代に、駅前のマンションはどこまで行っても人気がありました。今でも、駅から遠いバス便の物件を買うより、もっと遠い駅でも、駅前にあるマンションを買った方がいい、と東京の人は考えます。

 

今まで都心部で賃貸アパートに暮らしていたタイ人の家族が、新線が開通したことによって、郊外の駅前のコンドミニアムを買って都心部まで通勤することが可能になるわけですから、当然、起こることです。持ち家志向はタイ人も強いですから。

 

CBREが言うように、今年と来年でミッドタウンとサブ・アーバンに出てくる10万戸の新規供給がマーケットのストレス・テストになります。現在、バンコクにある総コンドミニアム戸数、41万5千戸に対して10万戸の新規供給ですから、大きいです。

 

でも、一方で、東京都が昨年発表した都内にあるマンションの総戸数は300万戸です。人口1300万人の東京と800万人のバンコク、なのにバンコクは、全部合わせてもまだたったの50万戸前後しかない、という見方もできます。

 

彼らの言う通り、ライフスタイルの変化に伴って、もっと多くのタイ人の家族がマンションに住むようになる、というのも正しいと思います。

 

これは、全体の世帯数に占めるマンション化率が上がる、ということですが、東京は今、マンション化率が26%です。

 

一方、バンコクのマンション化率は知りませんが、わずか50万戸しかないのだから、まだほんの56パーセントではないかと推測します。

 

そうやって考えると、短期的にはCBREの予測は正しいとしても、これでマーケットが総崩れ、ということはなさそうな気がします。

 

いずれにせよ、来年の今頃には、供給ラッシュも一段落し、マーケットがこの10万戸の新規供給を吸収してまだ食欲旺盛なのか、消化不良を起こしているのか分ると思います。

 

しかしまあ、我々外国人がコンドミニアム投資を考える場合は、サブ・アーバンエリアまで行かないで、やはりミッドタウンまでにしておいた方がいいです。しかも、駅前の希少価値のある物件に絞って。


ถ้าคุณรู้สึกสนุก ช่วยกดนะครับ

にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ

にほんブログ村   

Focus on mass-transit routes

 

Investment by Japanese firms has been carefully planned through the establishment of joint ventures with Thai developers, and also by focusing on the development of condominium projects located close to greater Bangkok’s mass-transit system.

 

Katsuaki Mori, a senior executive in the international business division of Mitsubishi Jisho Residence, said the company had confidence in the Thai property market’s strong growth, especially in Bangkok, where urbanisation is following the mass-transit system – both the BTS Skytrain and the MRT underground.

 

“We believe Bangkok will expand as Thailand’s government plans to develop the country’s mass-transit routes, which will link people from outside Bangkok and make it faster to travel from outside the capital to the central business districts than before there was a mass-transit system,” he said.

 

Thai lifestyles have also changed towards small families that need to stay in condominiums, like Tokyo residents do, and people’s incomes are also increasing enough to buy homes in the city, so the group has invested in residential projects in Thailand, he added.

 

Mitsui Fudosan’s Suzuki said his company saw Bangkok as a city that still had strong demand for residential, retail and office buildings in locations where there are mass-transit systems. 

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here