タイでは「民泊」は違法、不法滞在で捕まります(その3)

民泊トラブル2民泊のトラブルこの写真のように、日本でも「民泊」は色々とトラブルが出ているようですが、やはりマンションの管理組合や警察が強権を発動しないとどうにもならないと思います。

少なくともその点では、バンコク都は既に対応に乗り出しているし、軍事政権下の警察も昨年のテロによる爆破事件以降、コンドミニアムに不法滞在し、滞在の届出を出さない外国人の取締りを強化しています。

それもあって、このコンドミニアムの管理会社は、タイ人オーナー達の要望を受け入れて、短期滞在している旅行者を不法侵入者として警察に通報することにしたということです。
 

バンコクでは今、こんな状況ですが、私は、以前のブログ、外国人オーナーとタイ人オーナーの対立の中でこう書いています。
 

「こんなことをやられては、そのコンドミニアムの資産価値も落ちるし、自分が住むマイホームとして買ったタイ人オーナーにしてみれば、住宅としてのプライバシーがなくなり、冗談じゃないというのは当然のことであり、今後も身勝手な外国人オーナーとの対立は続くだろうと思います。そして、その結果、どんなことがこれから起こるかと言えば、旅行者にデイリーベースで短期貸ししている部屋(主に外国人オーナー)について、タイ人オーナー(住人)は当局に通報するようになるのではないかと思います」
 

今、まさに、住人からの通報があれば、管理会社が調査した上で不法滞在者として警察に通報するという、予想通りの流れになってきているわけですが、バンコクに住む私としては、少なくとも我々日本人投資家は、今後タイ人と敵対関係にならないためにも、白人や中国人オーナーのように自分勝手なことをするのは慎むべきだろうと思います。

いずれにせよ、通報された結果、新聞記事にあるように、実際に3ヶ月の禁固刑または6万バーツ(約20万円)の罰金が課される実例が次々と出てくるようになると、さすがに家主も旅行客もかなりの人が「民泊」から引いてしまうだろうとは思うのですが。

ถ้าคุณรู้สึกสนุกช่วยกดนี้นะครับ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村