投資コンサルティングサービス

タイの不動産については、各種税金が日本と比較して著しく低いこと、コンドミニアムの管理費及び修繕積立金も安価であることなどから、投資環境としては極めて理想的な状況に近いと言えます。さらに、新築完成物件、中古物件の他、日本にはないプレビルド投資があり、この豊富な選択肢によって、お客様のニーズを満たす物件選択を効率的に行うことが可能となるのです。こういった事情から、世界各国の投資家がバンコクの不動産に熱い視線を送っています。

しかし、海外不動産投資は、日本とは異なった基準での投資物件選びが必要です。また、売買契約時には、関連法に精通していることや必要書類の準備、銀行の口座開設、役所への届け出など、専門知識が必要です。

弊社は、バンコクを中心に、海外不動産投資で将来の資産形成を図りたいと考えていらっしゃる日本人のお客様に対し、しっかりとしたコンサルティングに基づき、最適な物件をご提案いたします。コンサルティングの流れとしては、お客様のニーズ、予算、投資期間、将来の展望などをお聞きします。その上で、物件のロケーション、クオリティ、間取り、広さ、デベロッパー、マーケット動向、家賃相場、周辺相場など重要項目について調査及び分析を行い、最適な物件をご提案いたします。

[gravityform id=”1″ title=”false” description=”false” ajax=”false”]